×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



 

つぎはぎ日本一周

『浮島(周防)』〈うかしま〉

2016.12.17

 先週学期末の仕事をがんばったので、今週の週末はなんとかフリー。天気もいいということなので、島巡りをすることにした。今回は、周防大島の近くにある浮島。
 週末は天気がいいと言っても、金曜日は益田は初雪。朝、しっかりと車に雪が積もっていた。体操教室終了後、夜中ではあるが、スタッドレスにタイヤ交換をして、島巡りの準備をしたので、出発したのは11時。この日の車中泊予定地、大島の道の駅「サザンせととうわ」に到着したのは深夜3時前。さすがにきつかった~。
 朝、6時すぎに目覚ましをかけていたのだが、疲れから結局活動開始したのは7時。
 浮島へのフェリーは少し手前の日前港なので、そこへ移動しなくてはならない。8時に出航なので、遅れてはしゃれにならないので、朝食は持って行って、浮島で食べることにして、すぐに移動。ただ、この日前港、場所がわかりずらい。行ったり来たりでなんとか到着。無事間に合った。フェリーといっても、高速艇のように小型だった。こういう時、自転車を乗せられないことがあり心配したが、大丈夫とのこと。よかった~。
サザンセトとうわ 日前港へ移動 思ったより小型
 14分間の船旅で、浮島の江の浦港へ到着。ここから、島一周スタートだ。まずは、港の西側の海岸に出て、朝食タイム。コンビニおにぎりと、カップ麺とコーヒー。気温が低いせいか、お湯を沸かすのにちょっと時間がかかった。今日は、のんびりモードでスタートだ。
 時計回りに回っていくことにし、小道を登っていく。天気も穏やかで、空気も澄んでいて青空が綺麗だ~。
 島の道から見る、大島や、その他の小島も美しい。

  

 浮島小学校。校庭のすぐ横が船の発着場 在籍児童は11人ということだった。海も近いし、山も近い。
のんびりとしたいい環境だ~。


樽見地区に到着。ここも、結構家がある。橋を渡って、頭島へ向かう。

 

ここも、ミカン畑が広がる。行止りまで行ってみた。

 

美しい景色を見ながらのんびりと島ポタ。

樽見地区の東側の海岸。

透明でエメラルドグリーンって感じだ。海面を見ていると、なにやら黒い影が・・・50センチぐらいはあるチヌが悠々と泳いでいた。

海側の道を行くと、こんなに落ち葉が堆積している道が・・・。MTBで正解だった。島をほぼ一周。ここも、タコ漁が盛んなのだろう、たくさんのタコつぼがある。島には猫がたくさんいるところが多いが、ここも、何匹もの猫がお出迎え。

     

 一周回って、時刻を見ると、10時30分。10時16分にフェリーが出たので、次のフェリーが・・・とガ~ン 15時。島を隅々まで堪能しよう。で、向かったのが山。登山口を探すが、それらしき標識はない。スマホでそれらしい場所に向かう。たぶん、中腹の道路で一番高いところ。ここから、道っぽいところを進む。しかし、すぐに、雑草で道がわからなくなる。それでもGPSで進むが・・・・ 結局、ため池に行く手をはばまれて、山頂到達ならず。まあ、道もわからないので、無理せず、今日はここまで。

 

中腹の道をさらに進む。途中、頭島が見える。高い位置から見るとまた、景色が違って見える。いい感じだ~。
途中、もう一か所登山口らしい場所をスマホのマップをたよりに行ってみるが・・・。こうなっていたナタかなにかを持って木を切りながらでないと登れない。

 

 登山はあきらめて、樽見に戻り、昼食。まあ、朝食とメニューは同じコンビニおにぎりと、カップ麺とコーヒーだ。そろそろ、新しいパターンを開発しないとな~。

 

 待合室で、時間までうとうとと・・・。昨夜遅かったので、このうとうとが最高だった。余裕があったので、早めに乗船したら、船員さんがいたので、しばし雑談。小学校の児童数も、この時に教えてもらった。
 再び道の駅に戻り、お土産のミカンを買う。以前、大島一周した時には、レストランに行列ができるほどのにぎわいだったのだが、今日は、人が少ない。

 

気温は低かったが、ずっと太陽が出ていて、とても気持ちのよい島巡りだった。
 走行距離 24km
 フェリー代 日前~江の浦 330円
        樽見~日前   330円
        自転車  230円×2

 

バックつぎはぎ日本一周ネクスト





















『つぎはぎ日本一周』